忍者ブログ
アールブリアンのブログ
Calendar
<< 2017/12 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
31
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニッサン・インゲル/夏

アーティスト ニッサン・インゲル
タイトル   

コメント
ビバルディ【イタリアの作曲家:1678-1741】の代表作の「四季」という作品からインスピレーションを受け、想像力を膨らませてこの作品を制作しました。  これらの作品に於いて、下塗りの準備は制作の最も大切な段階です。下塗りは大切なだけに、何度も修正したりします。まるで、雲が見る人によって異なる印象を与えるかのように、この下地は、見る人によって、または見る度に見方が変わります。私は、この下地を少し彫り刻んだり、下地の上で幾何学的な構造をしたり、植物的モチーフの素描をしたり、楽譜の一部をちぎってコラージュしたりします。  こうして、私達はビバルディの『四季』という音楽を私の作品の中から感じていただけると思っています。

(C)アールブリアン株式会社
PR
ニッサン・インゲル/春

アーティスト ニッサン・インゲル
タイトル   

コメント
ビバルディ【イタリアの作曲家:1678-1741】の代表作の「四季」という作品からインスピレーションを受け、想像力を膨らませてこの作品を制作しました。こうして、私達はビバルディの『四季』という音楽を私の作品の中から感じていただけると思っています。

(C)アールブリアン株式会社
ニッサン・インゲル/みどりのソナタ

アーティスト ニッサン・インゲル
タイトル    みどりのソナタ

コメント
私はよく、自分のアトリエを取り囲んでいるみどり溢れる草原を散歩します。この日も散歩の後、アトリエに戻り、再び絵筆をとったのですが、私はあまりにも自分の頭がみどりの印象でいっぱいになっているのを感じ、その印象を外に排出したい気持ちになりました。ちょうどその時、アトリエでソナタがかかっていたので、作品を“みどりのソナタ”と名づけ、この緑の感覚を紙面に移すような形で制作したのです。

(C)アールブリアン株式会社
ニッサン・インゲル/恋文

アーティスト ニッサン・インゲル
タイトル    恋文

コメント
私はこの作品に於いて、“不思議な文通”というものを伝えようとしています。この文通は、論理的で非論理的でもない不思議なつながりを示しています。また、この文通というつながりは、生まれることが予期されていなかったと同時に、生まれることは必然的で明白であった、というような逆説的なものなのです。  なぜ、このような不思議なつながりがあるかというと、実は、この文通は人間と人間のやり取りではなく、いわば、可視的なもの(私)と不可視的なものとの言葉のやり取りなのです。不可視的なものという謎めいた言葉がどのようなものであるのかは、皆さんのご想像にお任せします。  私は実際にこの不思議な手紙を受け取ったことは無いのですが、この手紙は確かに私に向けて送られ、ある日、この世界のどこかで私を待っているのかもしれない・・・そんな願いを込めて作品を制作しました。

(C)アールブリアン株式会社
ニッサン・インゲル/ナイト

アーティスト ニッサン・インゲル
タイトル    ナイト

コメント
私は自分の主観的な美意識や、確固とした画風に基づいて作品制作をしたりはしません。インスピレーションを受け、心に浮かぶまま、感じるままに筆を運ぶのです。この対象を描こうと決めて描くのではなく、対象がまるで自分の意思を持っているかのように、私の心に現れたり、消えたりするところを捉えるのです。「光り」「古代の風景」「町並み」「音楽」・・・等、様々な対象が私の心に自然と浮かんできます。この騎士(ナイト)にしても同様です。 私は現実の背後にかすかに見える何かを、自分の作品の中で露にしているのです。

(C)アールブリアン株式会社
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アールブリアン
性別:
非公開
自己紹介:
アールブリアン株式会社の契約作家の作品とコメントをご紹介いたします。
バーコード
ブログ内検索
P R
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ