忍者ブログ
アールブリアンのブログ
Calendar
<< 2017/12 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
31
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デイル・ターブッシュ/誕生



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    誕生



コメント

"この絵のパラダイスを旅すると、ふと空から光が差し込んでいるのが目に止まります。その光が地を照らしているのを見ると、まるでこの世の全てのものを、その薄く光り輝くベールが、吸い込んでいるような錯角に陥ります。この薄いきらびやかな光が地を照らす様子を見ると、神の存在を感じ、心が休まります。私達が日々生活している世界とは違い、この私のパラダイスの世界では、太陽も月も一日に何度も昇るのです。こういう現象が起きる度に、私の心は弾むのです。






"

(C)アールブリアン株式会社
PR
デイル・ターブッシュ/光の旋律



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    光の旋律



コメント

このイメージは、朝、闇に光が差し込むその様子にインスピレーションを得たものです。私の繰り広げる世界においては、この神々しい色調が朝夕関係なく存在します。普段、何気なく我々が目にしている光景は、私が作り上げる世界では、時間に関係なく現れます。真ん中から溢れ出すこの光が、絵の左手に見える稲妻の光を圧倒しています。それ故に、稲妻の光を押し込めようとしています。つまり、この輝かしい光が希望に満ちた真新しい日を運んでくれる事を象徴しているのです。



(C)アールブリアン株式会社
ニッサン・インゲル/春



アーティスト ニッサン・インゲル

タイトル   



コメント

"ビバルディ【イタリアの作曲家:1678-1741】の代表作の「四季」という作品からインスピレーションを受け、想像力を膨らませてこの作品を制作しました。
 これらの作品に於いて、下塗りの準備は制作の最も大切な段階です。下塗りは大切なだけに、何度も修正したりします。まるで、雲が見る人によって異なる印象を与えるかのように、この下地は、見る人によって、または見る度に見方が変わります。私は、この下地を少し彫り刻んだり、下地の上で幾何学的な構造をしたり、植物的モチーフの素描をしたり、楽譜の一部をちぎってコラージュしたりします。
 こうして、私達はビバルディの『四季』という音楽を私の作品の中から感じていただけると思っています。


"

(C)アールブリアン株式会社
デイル・ターブッシュ/約束の地へ



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    約束の地へ



コメント

"私は、虹とは神の橋だと信じています。また、その虹は我々が目にするような事はない地球の中で繋がり、完璧な円となっていて、我々の人生、生命の美しい円の象徴になっていると信じています。人生においては、山あり谷あり。到底渡りきることが出来ないと思えるような困難とぶつかることがあります。これ以上の試練はないと思っていると、ふと嵐が過ぎ去り光が差し込んでくる、それがまた人生でもあります。神は人々が試練がある時、人生には悪いことばかりでない事を教えるため、虹を見せ、我々を導いて下さっているのではないでしょうか。






"

(C)アールブリアン株式会社
ジョン・ラッテンベリー/ウィンド スウェプト サミット



アーティスト ジョン・ラッテンベリー

タイトル    ウィンド スウェプト サミット



コメント

山々はいつも私を鼓舞させます。谷の上でそびえたつ山々、そしてその山頂は、そこを吹き抜ける風に包み込まれています。その姿を雲にさえぎられながらも太陽が山々を暖かく見守っており、その様子はまさに卓抜した美しさを持った景色であります。



(C)アールブリアン株式会社
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アールブリアン
性別:
非公開
自己紹介:
アールブリアン株式会社の契約作家の作品とコメントをご紹介いたします。
バーコード
ブログ内検索
P R
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ