忍者ブログ
アールブリアンのブログ
Calendar
<< 2018/06 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
2   3   4   5   6   7   8   9  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジョン・ラッテンベリー/ドリーム フィールド

アーティスト ジョン・ラッテンベリー
タイトル    ドリーム フィールド

コメント
人生に於いて、全てが自分の意思とは関係なく、上手くいかない時があります。私も経験したことのあるその時期は、まるで永遠と続く凍えそうな冬のようで、全てが枯れ、灰色に包まれ、一生そこから抜け出せないような気がしていました。どんなに努力しても空回りで、画家としての道が閉ざされるのではないかと不安におびえていたのです。 そのような日が続いていたある日、不思議な夢をみました。私は、暗闇に包まれた野原を当てもなく歩いており、夢の中であるのに疲れきっていました。その時、突如、優しい光に身体を包まれたのです。その光は、全てに色を与え、息を吹き込み、見る見るうちに枯れ果てた野原は、美しい緑に変化していきました。それは、まるで奇跡をみているようでした。しかしそれは奇跡ではなかったのです。冬の間に、固まった土の中で、全ての生命は栄養を養い、充分に息を吹き返せるようにただじっと待っていたのでした。春が来るために冬は必ず必要なのだと、そして冬の後には必ず春が来るのだと信じる勇気を与えてくれた、夢でした。 私を助けてくれたその夢を描いた作品を、このたび版画としてご紹介できることになりとても嬉しく思います。皆様にも何かしらの力を与える事ができれば、幸いです。

(C)アールブリアン株式会社
PR
ジョン・ラッテンベリー/ブルーキャニオンフォール

アーティスト ジョン・ラッテンベリー
タイトル    ブルーキャニオンフォール

コメント
冬の奥深き森をぬけると、ブルーに染まった空の下に、美しい渓谷が広がります。威厳ただよう岩壁からは勢いよく滝が流れ落ち、そこから立ち上がるしぶきは霧となって、幻想的な冬の世界を作り上げるのです。霜の降りた木々に縁取られた氷のように冷たい川が、氷結の世界を流れ落ちてゆきます。 そっと目を閉じてみてください。凍りつくような空気に包まれた静けさの中に、遠くの方から響いてくる滝の音と、川のせせらぎの優しいハーモニーが聞こえてきませんか? 究極の癒しの世界が、私達の心を浄化します。

(C)アールブリアン株式会社
ジョン・ラッテンベリー/ゴールデン ベイ

アーティスト ジョン・ラッテンベリー
タイトル    ゴールデン ベイ

コメント
一日が終わりを告げる瞬間、― 太陽が海に沈み、入り江は魔法に包まれます。海岸線をそっと包み込みように、優しい光が辺り一帯を黄金色に染めるのです。それはまるで百万個のダイヤが海の上で輝きをはなっている様。毎日繰り返されるその魅惑の瞬間は、我々にインスピレーションを与え続けます。

(C)アールブリアン株式会社
ジョン・ラッテンベリー/クリスタルダンス

アーティスト ジョン・ラッテンベリー
タイトル    クリスタルダンス

コメント
一年を通じて最も神秘的な季節、冬。 全ての木々は真白な雪のベールをまとい、輝き始めます。空からはしんしんと雪が舞い降り、その静けさに辺りは平和に包まれます。雪の結晶(クリスタル)はまるでダンスをしているようで、その一つ一つが美しさを称えているのです。毎年訪れるこの季節は私の心をとらえてやみません。

(C)アールブリアン株式会社
ジョン・ラッテンベリー/ウィンターマジック

アーティスト ジョン・ラッテンベリー
タイトル    ウィンターマジック

コメント
霜に包まれた草原を進むと、そこは紺碧の暗闇の世界。起伏の丘にそびえたつ木々は冬の夜空にすいこまれ、終わりのない深林に優しい風がささやく・・・ この美しく不思議に満ちた世界はまさにウィンターマジックなのです。

(C)アールブリアン株式会社
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アールブリアン
性別:
非公開
自己紹介:
アールブリアン株式会社の契約作家の作品とコメントをご紹介いたします。
バーコード
ブログ内検索
P R
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ